ゴルフ

アプローチで寄せる!その前にやること

皆さん初めまして!

ファンゴルフスクールでゴルフインストラクターをしているhirokiです!

アプローチが俺下手なんだ。。。

それアプローチが原因ですか??

僕はそんなにアプローチが苦手だという人は知りません

本当に苦手だなっていう人はいません。

それよりも大事なことは自分の得意アプローチを残せているかどうかが問題なんです

<

アプローチさえ良かったスコアがもっと良いはず

アプローチとパターが上手くなりたいと悩んでいませんか。

実はアプローチパターが問題ではない場合が大半です。

皆さんが寄らないというアプローチの場所はどのような場所を想像していますか?

では次に、皆さんが確実に寄せられる場所はどこですか?

僕が確実に寄せられるところっていうのは、ピンまで10ヤードのフェアウェイくらいです。

それ以外は3メートルに寄ってくれれば完璧。

5メートルで許容範囲です。

皆さんの場合は

左足下がってて手前が土手で盛り上がって上げないと上手くいかないみたいような場所

そこから寄せられないって悩んでいるのではないでしょうか。

それは寄らなくて当然です

寄らなくて当然なんです。

皆さんが寄ると思っている場所、実は物凄く寄せるのには難易度が高い所からアプローチしています。

5メートルから2回で入れろは甚だ疑問

寄らないって言っても5メートルくらいに収めるとパターも何回に1回は自然と5メートルくらいの距離が入るようになります。

なので、5メートルから2回で終わらせる事が必要になってきます

当たり前に2回で終わらせる。これ簡単そうに見えてかなり難易度が高いです。

普通に5メートル寄せるのも外すところをミスしてしまうとかなり難しいです。

3メートルくらいに寄ると完璧で5メートルが普通です。

5メートルに寄せられないのは、とんでもないところに外している事になります。

それはショットが悪いと結論づけた方が良いです。

まずどうやったらグリーン周りから2回で上がれるのかを考えないといけません。

これがマネジメントです。

マネジメントというと、プロくらい上手い人じゃないと考えないと想像しているのではないでしょうか。

そんなことはありません。

少しでも良いのでマネジメントをしていかなければ寄せられるものも寄せることは出来ません。

どこからなら寄せられるのかを考える。

これが”マネジメントの基本”になります。

何も考えずにただ打つのはそれ以上、上にいけません。

スイングウンヌンカンヌンじゃないんです。

考え方次第でスコアは良くなります。

みんなは決して下手じゃありません。

自分の得意な事を知らないだけです。

自分の得意な事を知れるとゴルフは上手くなれます。

まとめ

どういうところからよせられないの?

もう絶対に寄せられないとこから寄せようとしてない?

プロでも厳しいわ笑笑

現実を見ることを意識しよう

ピンの位置が見えないくらい駆け上がっている

ピンはカラーから5ヤード

でピンまでは10ヤード

こんなんよるわけがない

もう99%無理

100球打って一回パーが取れるかどうかって話

そんなのアプローチが寄らないって話じゃない

マネジメントが悪い

そこに打ってしまうショットが悪い

あなたにとって最も良いのは、寄せられると思うところに外す事

ここ以外にスコアを出す道というのはないといっても過言ではありません。

そのためにしなければいけないことは?

まずは必ず寄せられる場所を知ること

そこからやろ

その寄せられる場所を知っていない事には始まらないと思う

P.S.

どうでしたか???

僕は最近ゴルフのインドアゴルフを作りたくて仕方ありません。

高級感が溢れるような落ち着ける場所を作りたいです。

会社を辞めて新しく挑戦するというのは気持ち的に不安でいっぱいです。

皆さんはこう、安定を目指したいという気持ちでしょうか。

挑戦したいという気持ちでしょうか。

唯一僕が曲げたくないのは自分の心に素直でありたい。

人の言葉に揺れる事もあるけど最後は自分がどうしたいのかで選択したいなと思いました。

自分で選択した間違いは後悔というものは無く。あるのは次に繋げる希望や未来です。

ここで言いたいのは

自分の感情を蔑ろにするほど最も愚かな事はないと言いたいです。

ご覧いただきありがとうございました♪

またお会いしましょーーーう!

    ABOUT ME
    hiroki
    2000年4月2日生まれ。香川県出身。2023年に日本大学ゴルフ部を卒業。 大学時代までは、現在の有名プロゴルフファーと共に練習を重ねプロを目指すも諦め、新たな道を歩み始めた。 筋トレやストレッチなどの専門家を招いた講習会に多数参加して知識と笑顔が取り柄ゴルファー